2007年05月05日

<携帯電話>「1円」「0円」端末、「販売奨励金」に秘密が

<携帯電話>「1円」「0円」端末、「販売奨励金」に秘密が
例えば、KDDIの07年3月期決算から分析すると、同社は1台当たり3万7000円の販売奨励金を払っている。このため、販売会社は「1円」で端末を売っても赤字にはならない。こんな販売奨励金の総額は5680億円にもなる。KDDIの利益で賄える規模ではなく、当然のように通信料金の一部に組み込まれて利用者から広く回収されている。
 その額は毎月1500円程度に達するとの推定もある。利用者が支払う通信料金の約4分の1の水準だ。KDDIだけではなく、NTTドコモもソフトバンクモバイルも程度の差こそあれ、格安携帯電話の助けを借りて契約数を確保している。
ここまでの金額が上乗せになってるんか
これ大きいなぁ

ほんま長期持ったら
この分で端末買えるやんか







posted by ピカリン at 00:50| Comment(2) | TrackBack(0) | 携帯電話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
販売奨励金があるのはしってたけど、37000円とは……
Posted by めめっち at 2007年05月06日 21:45
けっこう払ってますよね
この分が通話料に上乗せですもんね

Posted by ピカリン at 2007年05月09日 17:21
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。