2006年03月29日

セックス博物館で「セックス関連特許展」

セックス博物館で「セックス関連特許展」が開催中(上)
セックス博物館で『セックス関連特許展』が開催中(下)
ペニスを包み込み、小さな留め金で陰毛につなぎとめるという奇妙な器具がある。寝ている間に勃起すると留め金部分の陰毛が引っ張られる。そこで目が覚めるので、器具の装着者は夢精しないで済むというわけだ。1889年、米特許庁はこの天才的な発明を認可した。
記事が昨年のなんで『セックス関連特許展』はもぉ開催されてないと思うけど
まぁ知ってたとしても見には行けなかったやろぉけど

こぉいうオバカなこと
日本でもしてくれんかな?

国内でしてくれるんやったら
見にいくからww





posted by ピカリン at 17:03| Comment(1) | TrackBack(0) | エロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コレ、「天才的な発明」なんですかね〜???
当時の米特許庁、謎です。
Posted by るりお at 2006年04月01日 17:33
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。